HOME>オススメ情報>メスを入れずに肌の内側からエイジングケア

気になるたるみを解消する

エステティシャン

切らないエイジングケアとして注目されているのが、サーマクールです。これはアメリカで開発された美容機器であり、高周波を表皮だけではなく、その深部にある真皮層にアプローチして、内側から引き締めを行うことでたるみを解消する画期的な美容医療です。高周波による刺激を受けた真皮層では、刺激によってコラーゲンが新しく生成されます。これは、外部からヒアルロン酸を注入するよりも引き締め効果が高く、また持続性があると言われています。熱による刺激によって真皮層が縦と横に引き締められるため、きゅっと小顔になることも可能です。また、ヒアルロン酸などのプチ整形に比べると効果が長く持続し、それでいて費用はそれほど高額でないのが特徴です。また、外部から注入することなくコラーゲン成分を作り出すことができるため、自分では何もしなくてもサーマクールのみで肌の若返りが実現できます。

開いてしまった毛穴の引き締め

カウンセリング

たるみによって毛穴の開きが目立つようになったという中年層は少なくありません。一度広がってしまった毛穴というのは、元に戻すことができないと言われてきました。しかしながら、サーマクールによって開いた毛穴を引き締める事ができるようになったのです。若い頃に何も考えずに毛穴パックをしてしまい、角栓をほじくり出していたところ、毛穴がポッカリと目立つようになってしまったという人は多いのではないでしょうか。サーマクールで高周波を顔に照射することで、毛穴が目立たなくなるのです。毛穴が目立たなくなるメカニズムは、高周波の刺激によって皮膚が収縮を起こし、内部から引き締められることで、毛穴の開きが改善されると言われています。